ビタミンC配合美容液ランキング|高品質なビタミンCが高濃度で配合されているのは?

ビタミンC配合美容液ランキング

順位 商品名 特徴 商品詳細

ビーグレン Cセラム
ピュアビタミンC
浸透力:◎
配合濃度:◎
ピュアビタミンCを高濃度で配合!
ピュアビタミンCを配合した美容液です。7.5%という高濃度でピュアビタミンCを配合しています。さらに、医療レベルの浸透テクノロジー「QuSome」を採用することで、ピュアビタミンCなのにビタミンC誘導体以上の浸透力を実現しています。また、「QuSome」にはビタミンCの酸化を防ぐはたらきがあるので、ビタミンC配合美容液としては最高水準であるといえます。
ビーグレン

エトヴォス バランシングVCセラム
ビタミンC誘導体
浸透力:○
配合濃度:◎
油溶性ビタミンC誘導体を高濃度配合!
油溶性ビタミンC誘導体を配合した美容液です。ビタミンCの配合量は3%となっており、比較的多めです。水溶性ではなく油溶性のビタミンCを配合しているので、浸透力はやや高めといえます。ただ、ピュアビタミンCではないので、ビタミンCの効果としてはややおつるところが残念なところ。
アクネケアセット2週間お試し

APP-C フラセラム
ビタミンC誘導体
浸透力:◎
配合濃度:○
APPSとフラーレンを配合!
超浸透型ビタミンC誘導体であるAPPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3NA)を配合した美容液です。このビタミンCは浸透力に優れているという特徴があります。また、コラーゲンの生成を正常化するフラーレンやターンオーバーを正常化してくれる大豆イソフラボンなどの美容成分が配合されています。。
【APPC-フラセラム】

エクスボーテ フューチャーセラム
ビタミンC誘導体
浸透力:◎
配合濃度:△
浸透力にこだわっている!
進化型ビタミンC誘導体である100倍浸透型ビタミンC(APPS)を配合した美容液です。APPSは水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の両方の性質を持つ新しいタイプのビタミンC誘導体です。浸透性を高める成分を結合させているので、浸透力は期待できますが、その分だけビタミンCの量が少なくなってしまっている点には注意が必要です。